株式会社 音成印刷


会社情報

  • アクセス
  • 概要・歴史
  • 社長挨拶

社長挨拶

 

真崎俊夫

"地域の活性化"に役立つことを有言実行

情報の加工・発信の技術とノウハウを通じて、地域社会に貢献する。

創業107年、長い歴史で培った技術を守りつつ、ICT化社会へ対応しようとウェブサイトの作成・運営なども手がけ、時代の変化に素早い対応で社内の改革を進めました。
「”地域の印刷屋さん”としてなにができるか」 を日々模索しております。その1つとして独自の情報誌「おぎなう」「印刷業は情報を加工し、提供する業界でもある」と、小城を知り尽くした自社スタッフが取材し、昨年4月から2か月に1回発行。行政の機関紙では踏み込みにくい飲食店など、個店を無料で紹介した。ウェブサイト、フェイスブックやスマーフォンなどネット上で公開し、市民や掲載店に好評です。「おぎなう」が地域のニーズに応えているか、何が求められているかをリサーチし、今後地域社会にどうつなげていくかを判断していきます。

また、「印刷業はものづくり業。その価値を下げないようにしたい」と、数年前から県内在住デザイナーが佐賀県をイメージして考案した年賀状を制作し、地域の人に日本の文化を提供しています。

社内では毎月数回「ものづくり会議」を行う。さまざまな情報を基に、地域の中でどんなことができるのか、社員が自由な発想で提案し、実行する。「失敗してもいい。まずは有言実行」と失敗を恐れず常に挑戦をしていきます。

アイデアに困ったら「まずは音成印刷に相談してみよう」と思い出してもらえるよう社員一丸となって、常にお客様の視点で豊かな地域社会づくりに貢献できるようまい進していきます。

代表取締役社長 真崎俊夫


経営理念

「人ありて企業あり」

私たちは印刷・情報加工サービス業として幅広く地域社会に貢献し、社員の生活向上に努めると共に誇りと活気に満ち溢れた企業を目指します。

経営方針

お客様に感動を
与える人づくり
印刷文化・最新情報を
融合したモノづくり

「お役立ち」の
提案営業徹底
徹底したムダと
コストの削減

財務体質の
更なる改善・強化


音成印刷Facebook